お金になることも考えた取り扱いをすることが大切

自分が集めたものになりますので手放すことがないように感じるでしょう。しかし価値がつき、収集したときの価格よりも大きくなるようなことになるとしましょう。そうすれば売りたいと考えるのも不思議ではありません。そのための手法について説明しておきましょう。

状態がよくないとクレームの対象になる

相手も同じ趣味になりますので話は気が合うでしょう。しかし収集物になると話は変わってきます。こちらがこのくらいの傷は許容範囲と認定したとしても、譲渡される側にとってみれば致命的な傷と認識されることも。

そうなるとクレームを受けることになります。そうならないための対策を行わないと行けません。いざ譲渡するときに修正できるものではありませんので、手に入った時点で考えないといけないことです。

必ずコレクションケースなどを使って保管するように

保管状態をよくすることになりますので、譲渡を受ける側のクレームが生じにくくなります。埃や湿気などによって変色することもありますので、必ずケースで保管しておくようにしましょう。

特にフィギュアなどになると、ケースや付属品も必要になるケースがあります。そのようなものも取っておくと価値はさらに高まることになるでしょう。この点こそ、譲渡することを考えていないことによって価値が下がる行動になります。

オークションが主戦場になるデメリット

譲渡をする場所は主にオークションです。だからこそ大きなデメリットになります。主観的には状態が良いと判断しても、購入する側にとってはその主張が認められないことも。

これによってクレーム合戦が生じることがあるのがコレクション譲渡の問題点です。だからこそ手に入った時点で保管状態に気を使わないといけません。