コレクションは趣味になりやすい!意外と簡単な収集家への道

無趣味であることに引け目を感じるのであれば、コレクションを始めてみることをおすすめします。とてもお金が掛かる趣味になると感じる人も多いでしょうが、実際はそんなことはありません。趣味にしやすい収集家への道を歩むことをおすすめします。

ただ集めるだけで趣味として成り立つ

趣味になるといろいろと用意をしなければいけないことが多いです。しかしコレクションとなると集めるだけになりますので、特別な準備をする必要がありません。ただ好きなもの、興味があるものを集めるだけで成り立ちます。

この趣味の良い点は、集めるものに明確な定義がないことです。つまり何でも構わないことになります。それなりの大義をもったコレクターもいれば、なかには合法的に女性の下着を集めている男性もいます。

収集する際に法に触れる行為がなければ問題がありませんので、自分が好きなものを集めると良いでしょう。

集めやすいものから始めるのがオススメ

何を集めても構いませんので、とにかく興味があるものから集めると良いでしょう。たとえばほとんど毎日触れることにもなるペットボトル。その本体となると集まる際に場所が必要になりますが、蓋であればそこまで問題になります。しかもあまりお金がかからないコレクションになります。

お金がかからないといえば、石を集めるのもひとつの手段です。しかも意外と多いコレクションになりますので、散歩をしている最中に気に入った石を集めているのも良いでしょう。ウォーキングで健康をカバーがしながら、趣味を楽しむ時間となるはずです。

興味があるものが見つかればラッキー

いろいろ集めることで本気で集めてみたいと感じるものに出会える可能性もあります。これこそコレクションの大きな意味合いを持つ出会いになるでしょう。いろいろと集めることによって好きなもの、興味を持つものが見つかるはずです。

それまでに収集物が増えてしまい、部屋が大変になることもあるでしょう。取捨選択することになりますが、必要なものと必要ではないものがはっきりとしてきますので、とにかく集めてから興味があるものを見つけるのもひとつの方策です。

コレクションは自己満足の世界

ひとつはっきりと自覚してほしいことがあります。コレクションというのは、誰かに評価されたいと考えながら行うと、方向性を間違えることもあります。良い趣味と評価されることもありますが、そうなると楽しむことが出来ない趣味になります。

あくまでも自分が好きなものを集める世界観を持ってください。もしかすると誰かが白い目を向けるようなことがあるのかもしれません。しかし法に触れるようなことをしているわけではないのであれば胸を張るべきです。

誰かに評価してもらいたいからコレクションではなく、自分が集めたいものを収集するようになったら立派なコレクターへ昇格することができます。完全に自分の世界観であり、自己満足の類であることを理解しておきましょう。

誰かに自慢しようとする気持ちは捨てること

たとえばインテリアが趣味で高級な家具を購入することが好きになるとしましょう。これも立派なコレクションになりますが、このような高尚な趣味であったとしてもその商品の価値がわからなければ独り相撲になってしまいます。

このように価値があるものをコレクションにするとしても、理解されないことがあることを知っておきましょう。集めていることを誰かに自慢するものではありません。もし評価を貰えるとするなら、長年根気よく集めてきたことに対する賞賛になることが多いと考えてください。

そのセンスが理解されない恐れもある

フィギュアを集めているアニメ好きな人も多いです。そのような趣味の評価は極端にわかれることを自覚しておきましょう。センスというのは共通しているわけではありません。

アニメが好きな人であればセンスが光る趣味として認知されることになるでしょうが、そうではない人にとってはどうでもいいといった感情を持たれることも多いです。センスを理解してほしいと感じるような収集をすると、コレクションという趣味を楽しめなくなる可能性があります。

お金が掛ってしまうコレクションも多い

先程説明したように石を集める趣味であれば、お金がかかりません。それを展示するときに必要なコレクションケースが必要になるかもしれませんが、集めることに対してそこまでお金がかからないものになります。

しかし興味を持ったものが、お金を出さないと購入できないのであればそれは大きな負担がかかることになるでしょう。その負担を補うことも必要な視点になります。

余裕がない場合はお金がかからない収集家になろう

お金がある人しかコレクターになれないと感じる人も多いですが、そんなことはありません。日常品に付随されている部分を集めるのであれば、そこまでお金がかかることはありません。お金がかかる趣味から離れると、いろんな物が対象になってくるでしょう。

しかし評価されるコレクターというのは、やはりお金を掛けていることが多いです。自己満足の世界ですので、無理にお金をかける必要はありません。自分が楽しめる範囲で行いましょう。

考えればたくさんのコレクション対象がある

対象は本当にたくさんあります。お金がかかるとなると、プラモデルや宝石・アクセサリー・古文書なども対象になります。最近は神社仏閣巡りが人気になっていることから、御朱印集めが女性に注目されています。

このようにいろんなものが対象になるのが、コレクションの良いところです。好きなものを見つけて集めることをスタートにしてください。

せっかく集めた物は綺麗に部屋に飾ることを考えよう

集めたものは無造作に保管するのではなく、ケースなどに収めることをおすすめします。綺麗に飾ることによって、部屋を彩る存在になるでしょう。もし価値が出るようなことになれば、それがお金になることも。ここもコレクターとしての魅力です。

インテリアとして映えることもある

本気の収集家となると、専門の部屋を用意することもありますが、そこまで考えていないのであれば、リビングに飾るとインテリアになります。面白い絵を集めていれば、部屋のあらゆるところに飾ることで、おしゃれに映ることもあるでしょう。

あくまでも万人受けするようなものを集めることが大切になってきますが、インテリアとしての機能を持つことを知っておきましょう。

コレクションケースを用意しておくと良い

ただ家具に無造作に置くだけでは、綺麗に見えることはありません。コレクションケースに入れるからこそ、その評価が高まります。たとえ陳腐なものであったとしてもケースに入れるだけでも高貴にみえるものです。

災害が多い国だからこその対処

特に地震があるのが日本になりますので、ケースの耐震化もしっかり行っておきましょう。後に高い評価が出るようなコレクションになると、倒れることによって損失することもあります。そんなことが起きないためにもしっかりケースに収めることをおすすめします。

誰に評価を貰うのではなく自分が好きなものを集める

他の人の目を気にするようなことがあっては成り立たない趣味になります。自己満足の世界で構いません。ただし魅せ方次第ではおしゃれに映ることもあるのが、コレクションの世界でもあります。好きなものを集めてください。

FashionBuzz © 2015 | All Rights Reserved Theme by Flythemes